(訓読み)





[ 答え(大正解)]
きり

[ 意味 ]
空気中に浮遊する小さな粒子(水滴・ちりなど)のため、遠くがはっきり見えなくなる現象で、視程1キロ未満のものをいう。
視程1キロ以上のものは、「靄」(もや)という。
霧(きり)も靄(もや)も秋に見られるものをいい、春に見られるものを「霞(かすみ)」という。


[ 関連キーワード ]




[ ランダム出題 ]