経木





[ 答え(大正解)]
きょうぎ

[ 意味 ]
[1] 杉や檜などの木材を、紙のように薄く削ったもの。
菓子や料理の包装に使ったり、細工物の材料にしたりする。

[2] 経文や法名を書く、幅25センチほどの細長い薄板。
寺に納めて、死者への追善供養にするためのもの。

[3] 紙がまだ高価だった時代に、文章などを書くのに用いた薄い木の板。
削れば何度でも書き直しができるという利点があった。


[ 関連キーワード ]
供養


[ ランダム出題 ]