本地垂迹説





[ 答え(大正解)]
ほんじすいじゃくせつ

[ 意味 ]
仏や菩薩が本地(ほんじ)(=本来の姿)であり、神とは、仏や菩薩が人々を救済するために神の姿(垂迹身:すいじゃくしん)となって現れたものとする日本独特の考え方。
平安〜鎌倉時代に、全国各地の神社の本地仏(ほんじぶつ)がほぼ確定されたが、明治の神仏分離により現在は廃(すた)れている。


[ 関連キーワード ]
仏教


[ ランダム出題 ]