道祖神





[ 答え(大正解)]
どうそじん/さえのかみ

[ 答え(一応正解)]
さいのかみ

[ 意味 ]
峠や辻・村境などの道端に祀られている、悪霊や禍、疫病などを防ぐ神。
旅の安全をもつかさどる。

障の神(さえのかみ)、手向けの神、道陸神(どうろくじん)などとも呼ばれる。


[ 関連キーワード ]


[ ランダム出題 ]