支える





[ 答え(大正解)]
ささえる/つかえる/つっかえる

[ 意味 ]
[1] 邪魔な物があったり、何かに妨げられたりして、途中で詰まって、先に進めなくなる。
流れが止まる。
滞る(とどこおる)。

例)
・車が支える
・配水管が支える
・餅が喉に支える
・魚の骨が喉に支える
・頭が支えて隙間を通れない

[2] 言葉がスムーズに口から出ず、途中で何度も止まる。

例)
・言葉に支える
・支え支え話す(読む)
・支えずに最後まで読み上げる

[3] 処理すべきものが処理されずに残っていて、先に進めなくなる。

例)
・後(あと)にも仕事が支えている

[4] 既に誰かが使っていて、他の人は使えない状態である。

例)
・電話が支えている
・トイレが使えている
・窓口が支えている

[5] 病気・心配・哀しみなどで、胸や喉やふさがった感じになる。

例)
・胸が支えて食べられない
・喉が支えて食べ物が通らない



[ ランダム出題 ]