防人





[ 答え(大正解)]
さきもり

[ 意味 ]
奈良時代、日本の辺境の地で、大陸からの侵入の防備にあたった兵のこと。
主に東国などから派遣され、北九州(筑紫・壱岐・対馬など)の要所を守った。


[ 関連キーワード ]
戦争/軍事


[ ランダム出題 ]