鶴首





[ 答え(大正解)]
かくしゅ/つるくび

[ 意味 ]
★《鶴首(かくしゅ》
物事の到来を待ちわびること。
 今か今かと首を長くして待つこと。

例)
・鶴首して待つ
・鶴首して吉報を待つ

★《鶴首(つるくび)》
[1] 徳利や花瓶などの容器で、口のあたりが鶴の首のように細く長い形状のもの(通常まっすぐ)。
また、容器に限らず、鶴の首のように、細く長くて曲がった形状のもの。

[2] 首が長いこと。
また、その首。
首が長い人。


[ 関連キーワード ]


焼き物/陶磁器


[ ランダム出題 ]