来迎





[ 答え(大正解)]
らいごう

[ 答え(一応正解)]
らいこう

[ 意味 ]
[1] 浄土宗で、死ぬ際に一心に念仏すると、阿弥陀仏や菩薩が迎えにやって来ること。
敬って、御来迎(ごらいごう)ともいう。

例)
・阿弥陀仏が来迎する夢を見た

[2] 高山の頂上で、日の出や日没時などに太陽を背にすると、前面の霧に自分の影が大きく映り、その周りに光の環が見られる現象。
阿弥陀仏が光背(こうはい=光の環)をまとって来迎(らいごう)する様子になぞらえていう。
グローリー。
ブロッケン現象。
御来迎(ごらいごう)。


[ 関連キーワード ]
仏教


[ ランダム出題 ]