(訓読み)





[ 答え(大正解)]
ひび/あかぎれ

[ 意味 ]
★《皸(ひび)》
寒さにより、手足などの皮膚が乾燥して、荒れて、細かな割れ目ができた状態。
特に、手足や顔のように露出した部分は、冷たい風にさらされ乾燥しやすいので、「ひび」を生じやすい。

例)
・皸ができる

★《皸(あかぎれ)》
寒さにより手足などの皮膚が乾燥して、深く裂けた状態。
通常、皮膚の小さな割れ目である「ひび」が進行して、裂けることによって生じる。

例)
・皸の手
・皸が切れる


[ 関連キーワード ]


[ ランダム出題 ]