正鵠を射る





[ 答え(大正解)]
せいこくをいる

[ 意味 ]
物事の急所や核心を突く。
物事の要点・急所を正しく押さえる。
「正鵠を得る」ともいう。

例)
・正鵠を射た指摘
・正鵠を射た意見


[ 関連キーワード ]
慣用句


[ ランダム出題 ]