赤銅





[ 答え(大正解)]
しゃくどう

[ 意味 ]
銅に少量の金と銀を加えて作った合金。
混合比率は、金(3〜4%)、銀(約1%)。
紫がかった黒色の美しい色彩を示す。
そのため、古くから仏像や装飾品などの金属工芸に用いられた。
「赤銅色」(しゃくどういろ)の略。

例)
・赤銅の肌


[ 関連キーワード ]

金属


[ ランダム出題 ]