神皇正統記





[ 答え(大正解)]
じんのうしょうとうき

[ 意味 ]
南北朝時代に書かれた歴史書。
北畠親房(きたばたけ・ちかふさ)著。
日本建国の由来から後村上天皇までの事跡(=事実の痕跡)を示し、南朝の正当性を論じたもの。
後村上天皇に献じた。


[ 関連キーワード ]
文学作品


[ ランダム出題 ]