(訓読み)





[ 答え(大正解)]
かぶら

[ 意味 ]
[1] 矢の先と鏃(やじり)の間に備え付けて、矢を射たときに風を切って音が鳴るようにした仕掛け。
鹿の角や木などを蕪(かぶら)(=野菜のカブ)の根のような形状に作り、中をくり抜いて数個の穴(「目」と呼ばれる)を開ける。

[2] 鏑を付けた矢、つまり、鏑矢(かぶらや)の略。


[ 関連キーワード ]
弓/矢


[ ランダム出題 ]