(訓読み)





[ 答え(大正解)]
こい

[ 意味 ]
コイ目コイ科の淡水魚。
普通は全長60センチ程度。
大きいもので全長1メートルを超える。
長短二対の口ひげがある。
日本では古くから食用とされ、鯉濃(こいこく)や洗膾(あらい)にして食べる。
また、コイの生き血を飲むと精が付くとされた。

例)
・俎板の鯉
・鯉幟
・鯉を洗膾にする


[ 関連キーワード ]
淡水魚


[ ランダム出題 ]