手練





[ 答え(大正解)]
てれん/しゅれん/てだれ

[ 意味 ]
★《手練(てれん)》
人をだましてあやつる技術のこと。
人を思い通りにする技術のこと。
手管(てくだ)ともいう。

例)
・手練手管

★《手練(しゅれん)》
熟練したみごとな手並み・手際。
また、よく練習し熟練すること。

例)
・手練の早業

★《手練(てだれ)》
武道・技芸など、その道に熟達していること。
また、その人。
腕利き。

例)
・手練の技
・手練の剣客
・一刀流の手練
・手練の者による仕業
・手練の者を一人よこしてくれ
・いずれも手練揃い


[ 関連キーワード ]


[ ランダム出題 ]