(訓読み)





[ 答え(大正解)]
つゆ/あらわ

[ 意味 ]
★《露(つゆ)》
[1]大気中の水蒸気が物体の表面に凝結して生じる水滴。
物体の表面の温度が露点以下に下がったときに起きる現象。

例)
・露に濡れる
・葉に露が付く

[2] わずかなこと。

例)
・露ほども疑わない
・露の情け

[3] はかなく消えやすいこと。

例)
・露の命

★《露(あらわ)》
[1] むき出しであるさま。

例)
・肌を露にする
・肌も露な服

[2] 物事が公になるさま。
表面化するさま。

例)
・矛盾が露になる
・内情が露になる
・真相が露になる

[3] 気持ちや考えなどを隠さずに、公然と示すさま。
露骨。


例)
・露に不快な顔をする
・不快を露にする
・敵意を露にする


[ 関連キーワード ]


[ ランダム出題 ]