海の幸


謁見


雲の上人


徒弓


鞫問


海松食貝


閼伽水


( 訓読み )


一昨昨日


葺く


千差万別


銀杏


紛う方無し


遊廓


端午


寝聡い


溯及


出納


元金


( 訓読み )






馬食


暴く


幽谷


女犯


碾く


一献


日常茶飯事


真に迫る


標縄


操舵手


食み跡


( 訓読み )


権瑞


( 訓読み )


海蘊


年端の行かない


通草


御目溢し


謹言


機織虫






垂れ桜


天牛


揚羽蝶


翻弄


香奠


無義道


頬白


袈裟


酷寒


女丈夫


怨み言


犢鼻褌


些細


果無む


託つ


各々


集る


( 訓読み )


疼痛


甘蔗






先鞭をつける


頓首再拝


尊翰


桐箪笥


言言


呪縛


頬摺り


成吉思汗


散撒く


睨まれる


( 訓読み )


久方振り


職人気質


( 訓読み )


昔日


辛い


( 訓読み )


究竟一


縛める


棟木






餡掛け


蹴球


幕間


淡雪


嘔吐


批准


支倉常長


枝折


乳離れ


補弼


好餌


( 訓読み )


嗟歎


若気男


腑に落ちる


獅子吼


( 訓読み )


仕舞た屋


髑髏


面皰