恢恢




二十


困憊


禍言


靄靄




継木


何卒


小豆粥


憤怒


割愛


孰れ


( 訓読み )


東海道中膝栗毛


御言付け


堅牢


雄蕊


近郷


瓜核顔






冥途


頒布


生姜


二重あご


亭亭


御供


指嗾


疎漏


粗食


面立ち


船宿


暮未だき


姦婦


僧正


闖入


衣替え


新嘉坡


自家撞着


曾孫


論駁






処世訓


焚刑


海星


( 訓読み )


俯く


会得


相殺


傲慢


一艘


口の端に上る


拗る


弥生


浜茄子


相生


正法眼蔵


雁字搦め


手薬練


妙なる


台詞


辷る






窮余


仏法


生毛


目の当たり


貴翰


諄諄


発句


下びる


満更


( 訓読み )


泥濘む


怨嗟


忖度


扨措き


煽情


( 訓読み )


咎人


煩い


就く


村雲






忌中


口籠もる


軽業師


瓢箪鯰


塔頭


蚊母樹


( 訓読み )


血脈


終夜


仇討ち


谷まる


沐浴


詛う


遺言書


呂宋


仮初め


下司


( 訓読み )


雁擬き


熟熟