八咫鏡


八咫鏡


[ 答え(大正解)]
やたのかがみ

[ 意味 ]
三種の神器の一つで、鏡。
天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸にこもったとき、大神の出御を願い、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が作り、奉ったという鏡。
伊勢神宮の内宮(伊勢皇大神宮)に御神体として奉斎されている。
「巨大な鏡」という意味がある。


[ 関連キーワード ]
日本神話


[ ランダム出題 ]