菖蒲


菖蒲


[ 答え(大正解)]
しょうぶ/あやめ

[ 意味 ]
★《菖蒲(しょうぶ)》
[1] サトイモ科の多年草。
池のそばなど、湿地に群生する。
高さ約70センチで、葉は剣状。
初夏、葉に似た花茎を立て、淡黄色の多数の小花を円柱状につける。
なお、花菖蒲(はなしょうぶ)は葉形が似るが、アヤメ科の全く別の植物。

例)
・菖蒲湯

[2] アヤメ科のハナショウブ(花菖蒲)の別名。

★《菖蒲(あやめ)》
[1] アヤメ科アヤメ属の多年草。
日当たりのよい乾燥した草地に群生する。
高さ30〜60センチで、葉は細長く剣状。
初夏、花茎の先に黄色い筋のある青紫色または白色の花を開く。

なお、ハナショウブ(花菖蒲)やカキツバタは同科同属の別種。
また、ショウブはサトイモ科の全く別の植物。

[2] サトイモ科のショウブの古い呼び方。
和歌で用いることが多い。


[ 関連キーワード ]

植物


[ ランダム出題 ]