天王山





[ 答え(大正解)]
てんのうざん

[ 意味 ]
勝敗や運命の重大な分かれ目のこと。
勝負の分岐点。
勝負を決する大事な場面や時。

豊臣秀吉が明智光秀を破った山崎の戦いにおいて、勝敗の分かれ目が天王山にあったことから。
当時、京都の水陸交通の要地であった天王山をを秀吉が先に占拠したことが戦況を決めたという。


[ 関連キーワード ]

国内の地名
戦争/軍事


[ ランダム出題 ]