歎異抄


歎異抄


[ 答え(大正解)]
たんにしょう

[ 答え(一応正解)]
たんいしょう

[ 意味 ]
親鸞(しんらん)の法語を記した法語集。
法語とは、仏法の教義を平易に説いた文章のこと。

鎌倉時代、親鸞の没後に成立。
親鸞の弟子の唯円(ゆいえん)作とされ、親鸞本来の信仰のあり方を説こうとしたもの。


[ 関連キーワード ]
仏教


[ ランダム出題 ]