(訓読み)


(訓読み)


[ 答え(大正解)]
かんぬき

[ 意味 ]
[1] 出入り口の扉や戸が開かないようにするための横木、または金属の棒。
左右の扉、または扉と枠につけた金具に差し通して使う。

例)
・閂を差す
・閂を掛ける

[2] 相撲の技の一つ。
もろ差しをしてきた相手の両腕を上から抱え込んで締め付け、腕を働かなくすること。

例)
・閂をにきめる


[ 関連キーワード ]

相撲


[ ランダム出題 ]