帰謬法


帰謬法


[ 答え(大正解)]
きびゅうほう

[ 意味 ]
論理学用語で、背理法(はいりほう)のこと。
ある命題が間違っている(偽である)と仮定し、その仮定の下に推論を行い、矛盾した結論を導き出すことによって、もとの命題が正しい(真である)ことを示す証明方法。



[ ランダム出題 ]