(訓読み)


(訓読み)


[ 答え(大正解)]
つくづく

[ 意味 ]
[1] 物事を深く考えるさま。
よくよく。
じっくり。

例)
・子供の将来を熟考える
・日本の未来を熟考える

[2] 物事を痛切に感じるさま。
心底。
心から。
しみじみ。

例)
・熟自分が嫌になる
・社会の冷たさを熟と感じる

[3] 注意深く観察するさま。
念を入れてよく見るさま。
よくよく。
じっくり。

例)
・熟と写真を見る
・寝た子の顔を熟眺める



[ ランダム出題 ]