小車





[ 答え(大正解)]
おぐるま

[ 答え(一応正解)]
こぐるま

[ 意味 ]
★《小車(おぐるま)》
[1] キク科の多年草。
湿地や田の畦に自生し、地下茎で繁殖。
高さ30〜60センチ。
夏から秋、茎頂に直径3センチの黄色い花を咲かせる。
八重咲きのものを観賞用にする。
菊に似た黄色い花を、小さな車に見立てて「小車」(おぐるま)と呼ぶ。

[2] 古い時代の、小さい車。
特に牛車をいった。

★《小車(こぐるま)》
[1] 小さい車。


[2] 輦車(れんしゃ)のこと。
屋形に車輪をつけた車で、前後に突き出ている轅(ながえ)を腰の辺りに当て、人の手で引くもの。
東宮・皇族・重臣などが使用した。
てぐるま(手車)、こしぐるま(腰車・輿車)ともいう。


[ 関連キーワード ]

乗り物


[ ランダム出題 ]