(訓読み)


(訓読み)


[ 答え(大正解)]
いしずえ

[ 意味 ]
[1] 建物や橋などの土台となるもの。
建物の柱の下に置いて土台とする石。
土台石(どだいいし)。
柱石(はしらいし)。
根石(ねいし)。

[2] 物事の基礎となる大切なもの。
あるいは人。

例)
・将来の国の礎となる人材を育てる
・建国の礎となった人々
・彼が今日の繁栄の礎を築いた
・事業の礎


[ 関連キーワード ]
建築


[ ランダム出題 ]