菊石


菊石


[ 答え(大正解)]
アンモナイト/きくいし

[ 意味 ]
★《菊石(アンモナイト)》
古生代から中生代(白亜紀)にかけて、海で繁栄した軟体動物・頭足類の総称。
殻は直径数センチから約2メートルまで多くの種類がある。
種としてはオウムガイに近く、平面的に巻いた螺旋(らせん)状の殻を持つ。
アンモン貝ともいう。

★《菊石(きくいし)》
アンモナイトの別名。


[ 関連キーワード ]


[ ランダム出題 ]