三昧


三昧


[ 答え(大正解)]
ざんまい/さんまい

[ 意味 ]
★《三昧(ざんまい)》
(名詞や形容動詞の後に付いて)
[1] そのことに熱中すること。

例)
・読書三昧の暮らし
・ゲーム三昧に明け暮れる日々

[2] 心のままにすること。

例)
・贅沢三昧

[3] ともするとその傾向になるさま。

例)
・刃物三昧に及ぶ

★《三昧(さんまい)》
仏教用語で、心が一つの対象に集中して動揺しない、安定した状態。
雑念を払い没入した状態。
また、その境地。
そうなることによって、対象が正しくとらえられるという。


[ 関連キーワード ]
仏教


[ ランダム出題 ]