勧進帳





[ 答え(大正解)]
かんじんちょう

[ 意味 ]
[1] 何々の堂塔・仏像の建立・修理のためといった、金品・材料の寄付募集の趣意を書いて、巻物などにしたもの。
僧や山伏が信者や人々から寄付を集める際に読み聞かせるのに使う。

[2] 歌舞伎十八番の演目の一つ。
山伏姿に身をやつした源義経と弁慶が、弁慶の知略によって関(検問のこと)を通過する話。


[ 関連キーワード ]
お寺/寺院

歌舞伎
修験道/修験者


[ ランダム出題 ]