抉る





[ 答え(大正解)]
えぐる/くじる/こじる

[ 答え(一応正解)]
しゃくる/さくる

[ 意味 ]
★《抉る(えぐる)》
[1] 刃物などを突き刺し、ぐるりと回して穴をあける。
くり抜く。

例)
・リンゴの芯を抉る
・木を抉る

[2] 心に強い衝動・動揺や激しい苦痛を与える。

例)
・胸を抉られるような悲しみ

[3] 物事の隠れた面を鋭く追及する。
真相を明らかにしようと鋭く追及する。

例)
・事件の核心を抉る

★《抉る(こじる)》
物のすきまや穴の中に棒状の物を差し込んで、えぐるように強くねじる。

例)
・戸を抉って開ける

★《抉る(しゃくる)》
[1] 中がくぼむように、えぐる。
溝を切る。

例)
・シャベルで砂を抉る
・スプーンで抉って食べる

[2] 液体や粉などをすくい上げて取る。

例)
・バケツの水を抉る

[3] 顎(あご)を前に突き出すようにして上げる。
人に横柄に指示する時の動作。

例)
・顎を抉る

[4] 糸や網などを、ものをすくうような動作で上下左右に動かす。

例)
・釣り糸を抉る

★《抉る(さくる)》
土などをすくい取る。
地面に穴や溝などを掘る。



[ ランダム出題 ]