( 訓読み )


諛言


仍って


一日千秋


埃及


劫初


節会


予て


針魚


払拭


打棄る


飢える


( 訓読み )


枳殻


末期の言葉


偶に


仮病


辟易


性根


感奮






読経


行状


( 訓読み )


蠕動


面差


橋梁




罹災地


眼間


娘婿


噴雪花




蜚語


沈淪


望月


所轄


鬩ぎ合う


雪風巻


塞翁が馬


春闌






燻る


簀の子


老舗


邏卒


何所


鰾膠


可成り


川面


鯔背


萌やし


( 訓読み )


防人


側杖


竜頭蛇尾


饗応


刃傷


詫び入る


道陸神


淋巴液


繙く






押っ始める


晩稲


絞る


碇泊


汲み出す


飽く無き


驢馬


雑沓


一饋


左の通り


初心


蘭貢


杜宇


溜飲


象嵌師


木戸銭


気高い


仏頂面


絨緞


脅える






新盆


( 訓読み )


空豆


指図


臘梅


( 訓読み )


澱み


紙鳶


三日月


縞馬


腋窩


嚼む


水飛沫


寛ぐ


真っ向


終宵


( 訓読み )


稠密


彼処


二進も三進も